(事例)労基署から封書が届いた

管轄の労基署から突然封書が届き、「労基署へ来所せよ」と書いてあることがあります。
この場合考えられることとしては、社員や元社員が労基署に何かしらの調査を依頼したケースと
労基署が特定業種の中から抽出して調査をしている場合が考えられます。

社員の場合は、心あたりがありそうなものですが、抽出調査の場合初めての場合だと不安なものです。

まずは書面の中をよく読んでください。

特に多くの場合は、賃金台帳や勤務表を準備せよと書かれていると思われます。

つまり賃金を支払いに法令違反がないか?、また、労働時間が法令順守されているかを調べる場合がほとんどです。

日頃から上記2点のチェックを行うことはもちろん、もし対応がわからない場合は社会保険労務士に相談するのがベターかと思われます。

労基署の臨検で調べられること

・未払い賃金がないかどうか?

・労働時間の上限規制に違反していないかどうか?