起業後に給与計算をアウトソーシング

起業後まもなく社員数が増えて5名程度になったときに、給与計算のアウトソーシングを検討。
起業時からサポートを受けている税理士に依頼するか、違う会社等に依頼するか悩んだ末に、
給与計算は「勤怠計算」や「労働法」に明るくないと将来的なトラブルを誘発する恐れがあることが
分かり社会保険労務士事務所に委託するという結論に。

給与計算開始にあたり、残業計算や勤怠管理など間違いがあってはいけない部分を細かくケアして
契約を開始したこともあり、正確な給与計算を実現された事例です。

給与計算のクラウド化をご検討の場合はこちらから
「社会保険手続き」とセットで窓口が一本なので任せて安心です。