2019年5月度、会社経営者・経営幹部様限定の組織コーチングセミナーを開催します。

今回は弊社アライアンスパートナー、Coriginal株式会社の代表取締役社長 段原尚輝様
を講師にお招きします。
2019年5月のテーマは「チームビルディング」です。
組織作り、部下や後継者育成に悩まれている経営者・経営幹部様が対象です。

<セミナーテーマ>

組織コーチングを用いた
「会社をつくり合う・自ら考えて動く社員の実現」

<開催要項>

開催日:2019年5月23日(木)13:30~16:30(受付開始13:00~)
会 場:エッサム神田ホール2号館
    千代田区内神田3-24-5
    グーグルマップはこちら
定 員:10名(残席残り僅かとなっております。
アクセス:JR神田駅北口より徒歩5分
受講料:5,000円
主 催:社会保険労務士法人 秋田国際人事総研
申込先:こちらのリンクより、弊法人にお問い合わせください。

<セミナー内容>

「Apple」「Yahoo!」「リクルート」等1,000社以上が導入した実績を持つ組織コーチングの手法を活用して、お集まり頂いた会社毎に「自ら考えて」動く社員を実現するために、以下の内容を実施いたします。

「こういう会社・組織を作りたい」という目標の明確化
目標を達成する上での解決すべき問題(イシュー)の棚卸し
社員の方が使える問題から「効果的な質問」を活用して「解決策」を出すためのプロセスの共有と実践
解決策のシェアと「行動」の明確化

講演やセミナーのように「良いこと聞いた」で終わらない、具体的な解決策まで出し合うのが目的になります。

ご自身だけでなく、周りの方の答えをシェア・ディスカッションし触発を生むようにコーチングさせて頂くことでご自身一人では出ない解決策を出るサポートを致します。

<講師からのメッセージ>

「企業は人なり」
「企業経営の場合、困難を打開し、新たな発展を求めていくための道はどこにあるか、大事な点はいろいろある。製造面、技術面、販売とか資金の面、それぞれに大切である。しかし、それらの中心をなすものは何かというと、それはやはり“人”である。何といっても、人である。」
これらは「経営の神様」と謳われた松下幸之助さんが企業経営に関してお話する際、度々仰っていた言葉です。

さて、みなさんは、「どんな社員」と「どんな会社をつくっていきたいでしょうか?」
思いはそれぞれだと思いますが、「どんな社員が欲しいですか?」と聞かれて、多くの社長はこう答えたようです。

「自分で考えて行動する社員が欲しい!」

このように答える社長は同時に、社員に対してどのような課題を感じているのでしょうか!?
次のような課題がよく上がってきます。
社員が育ちきっておらず、業務を任せきれない
人材育成のやり方が分からない
経営者のイメージやメッセージが成果として現れてこない
指示しないと動かない社員、指示しても動かない社員をどうしていいか分からない
売上が思うように上がらない

今回の勉強会では、実例を交えつつ、上記のような課題を抱えていたとある会社が実践した方法を体験してもらいます。
その上で、みなさんでディスカッションしながら、自社で何を実践すると効果的なのか?を持って帰ってもらいたいと考えています。

実例の一部を紹介します。

ある会社のある社員が、こんなことを社長に伝えてくれました。
「私はこの役割を成し遂げます。そして、会社全体の目標を必ず達成することを約束します。
ですが1年前、彼は社長からこんな評価を受けていました。
「すぐに聞いてきて、自分の意見がない。信頼して任せられない。成長してもらいたいけどどうしたらいいだろうか・・・」
彼は10年以上勤めていた社員です。中堅と目される彼が、短期間でブレイクスルーを起こし、自信を持ち出し、会議で社長に大きな役割を任されるようになりました。
その上で発した言葉でした。
そして、事実彼は自身の役割を成し遂げ、目標を達成しました。
彼のような人材が増え、活躍するようになった会社に一体何が起こったのか?
3年間で売上が3倍、社員が約40名から約150名と圧倒的な成長を生み出しました。
そして社内では、「私はこれをやります」という主体的な言葉が飛び交うようになりました。
このような社員になってもらうために本セミナーでは以下のことをお伝えいたします。

本セミナーに参加することで期待できる効果】

AppleやYahoo!、リクルートが実践している会社をつくり合う「自ら考えて行動する」社員をつくるための方法
「私はこの役割をやり遂げます」という社員が生まれ、最高の会社・チームをつくるために必要な「目標設定」のやり方
問題が起こった際に、チームで実施すると「効果的な問題解決プロセス」
「貴社が抱えている問題」を解決するための具体的な行動

本セミナーに参加していただくことでチームビルディングをどのように行えばいいのか具体的にイメージすることが可能になります。
また、策を講じる前に会社の現在地がどこにあるのかをきっちりと把握し、その上で次の方策を講じるための一助にして頂きたいと考えております。

【講師紹介】

Coriginal株式会社 代表取締役社長 段原尚輝(Naoki Danbara)

1983年鹿児島県生まれ。東京大学情報理工学部卒業。
GE(General Electronic)にて、金融部門のマーケティング戦略立案に従事し、そこで稼いだお金で世界放浪する。
帰国後、外資系コンサル企業アクセンチュアに就職。
メディア系・アパレル系の大型プロジェクトに従事、プロジェクト最高評価を得る。
一方で、メンバーが次々と倒れていく仕事とチームのあり方に疑問を抱き、組織開発を研究し出す。
その時に出会った人の力を引き出す「「コーチング」の考え方に衝撃を受け、
この道を極めようと退職、ビジネスコーチングスクールの代表に就任。
その後、それまで培ったIT・コンサル・マーケティングの経験を活かし、
組織コーチングによって、経営目標を達成するCoriginal株式会社を設立。
人の力を引き出すことで、社員数ほぼ変わらずに会社の売上を2年で2倍、営業利益を5倍にした組織コーチングの実績を持つ。

趣味は世界旅行とトライアスロン。
2017年7月にアイアンマン(水泳3.8km、自転車180km、ラン42.195km)完走。
約50ヶ国以上を放浪。お気に入りは、バルセロナとガラパゴス諸島と高野山。

2012年に孫正義にプレゼンし、外部生としてソフトバンクアカデミアに入学。在学中。

【実績】

・2年で売上2倍、営業利益5倍。
・半年で一人当たり生産性昨年対比150%。
・eNPS(従業員の自社推奨度)が110ポイントUP。業界平均を大きく下回っていた状態から、大きく上回る数値へ。
※eNPSとは、-100〜100までで推奨度を測る指標。従業員満足度より定着率・紹介採用数・売上との相関性が高く、アメリカでは広く使用されている。
・65人の企業で、正社員採用2ヶ月で30人達成。ほぼHPからの流入・紹介採用で、採用費最小化。

Coriginal株式会社様の詳細な会社情報・実績紹介はホームページをご確認ください。https://www.coriginal.co.jp/