労務監査(M&A等)

M&A時の労務監査を行います

Fotolia_162212608_XS.jpg

最近では後継者がおらず将来を考えて早めにM&Aを検討する企業が増えています。その際に重要なのが買収先の労務に関する事前チェックです。未払い残業代の有無や表に出ていない労働問題などを監査致します。秋田国際人事総研では、中小企業が行うM&A時における「労働法務」に関するデューデリジェンスを行います。

労務監査の概要

労務監査はその時の状況、予算またはお客様のご要望に応じて内容をその都度カスタマイズして行っております。主に中小企業のM&Aを意識して行っている関係で、必要最低限の内容について実施しております。

<労務監査メニュー>
1. 労務コンプライアンス監査の目的    
2. 雇用管理    
(1)従業員の区分    
(2)非正規社員の区分    
(3)高齢者雇用    
(4)障害者雇用    
3. 就業規則コンプライアンス監査    
4. 労使協定    
5. 募集    
6. 労働条件通知書    
7. 有期労働契約に関するチェック項目    
8. パートタイム労働法によるチェック    
9. 労働者名簿    
10. 賃金台帳    
11. 労働時間・休日・休暇等
12. 安全衛生管理体制    
13. 健康診断    
14. 労働保険・社会保険    
15. 外国人労働者    
16. 派遣契約に関するチェック(派遣先企業として)