給与計算をクラウドに切り替えたい方

どのクラウドを導入していいのかわからない

給与計算のクラウドは数多くあり、有名なところでは、「MFクラウド給与」「Freee」「給与奉行クラウド」「ジョブカン」「フローウェイ」などがあります。
これらのシステムのどれを選んでいいのか迷うところではありますが、クラウド間同士のデータの移動はさほど大変ではないため、給与計算だけで考える場合にはどこを選んでも機能面では大差がありません。
一方で、操作性や他の自社で使っている他のシステムの連携を考えて選択することが大切だと考えます。

どの機能があれば問題ないのか?

有名なクラウド給与システムで給与計算を行う分には、どのシステムも十分な機能を備えています。
しいて言えば、残業代計算の設定項目などはメーカーによってより細かい設定がどうかが異なるため、自社の残業代計算に合致しているか確認するとよいでしょう。

給与計算を完全アウトソーシングするという解決方法

自社で経理などを担当する社員が給与計算を併せて行うケースがあります。
この場合のリスクは当該本人の退職です。また、担当者が一人の場合は、もし何かあった場合に誰も給与計算を行えないというリスクがあります。

毎月必ず行う給与計算は人件費の負担軽減という以外にも、確実に行う必要があるため、最近では完全アウトソーシングを行う企業が増えています。

大企業であっても、給与計算担当者を常時確保することが困難と判断している企業が増えており、合理化策として内製化をやめてアウトソーシングに切り替えているようです。

弊法人はここが違います!

今後社会保険や税の手続きは「マイナポータル」を経由で、デジタル化が進みます。
弊法人では各種手続きのデジタル化を見据えて、データの使いまわしができるようにクラウドを利用を徹底しています。

お問い合わせ

「給与計算のアウトソーシング」をご検討の方は、お気軽にお問い合わせください。
フォームメール
https://akita-sr.com/contact/
電話 03-3862-5837