残業代の支払い方でお悩みの方

「固定残業代」を適切に支払っていますか?

IT企業の多くで残業代を固定で支払う、「固定残業代」や「定額残業代」の制度を導入しています。
この背景には、労働時間で職務内容を評価することは社員間の不平不満につながるため、残業代を固定化して支払うことで解消してるようです。

一方でこれまで見てきたケースでは、「固定残業代」や「定額残業代」を適切に支払われていないケースがあります。

例えば、全員一律「30,000円」という形で、”固定残業代=30,000円”という表記で、残業代は何時間相当であるか明記していない場合です。

このような定め方ではのちに労働審判など紛争化した場合に、残業代がそもそも支払われているいないと判断されることもあり、思わぬ結果を招くこともあります。

固定残業代は、事務管理上便利な反面、導入時に残業代に関する法規を把握しておかないと未払い賃金の問題に直結するため、今一度見直しすることをお勧めします。

弊法人では固定残業代を正確に計算するように工夫しています

固定残業代を採用する場合には、総額賃金から基本給と固定残業代に分解する企業が一般的です。
そこで弊法人では、未払い賃金とならないように、自動計算ツールを独自に作成し、お客様が新進して固定残業代を採用できるにようサポートしています。