はじめに

弊社は月額顧問契約として100社を超えるお客様とお取引をさせていただいてます。
今回は、長年お付き合いさせて頂いているお客様にインタビューをさせて頂きました。その中で弊社の特徴や特色を知って頂く上でぜひ参考にしていただけると幸いです。

お客様の業種別グラフ

顧問先別割合円グラフ.jpg

弊社のお客様の業種別の割合です。ソフトウェア開発などIT企業とのお取引が多く、次に美容業のお客様が多いことが特徴になります。
その他、派遣業、製造業をはじめ各業種に対しても幅広く対応させて頂いておりますので、ご安心してお任せいただけることと思います。

(弊社のサイトがきっかけでご契約に至ったお客様の事例)
弊社のサイトをご覧になり、お問い合わせを頂き、そしてその後に月額顧問契約を利用されるお客様はたくさんいらっしゃいます。例えば次の通りです。

IT企業においては、他の社労士事務所と比較検討され、労務トラブルに強いとの印象を持たれてご相談に来られる企業がほとんどです。就業規則の見直しをきっかけにその後に顧問契約をご依頼されるケースが多いように思われます。

また美容業は、リクルートの「ホッペッパービューティーアカデミー」のサイトをご覧になり、働く側の視点に立ち、より良い環境の整備を目指す‟志の高いオーナー”がご相談に来られます。

その他の業種のお客様については、やはり他のサイトと比較検討の上、安心そして長く契約できそうだとの印象からご相談にこられるようです。

槇野光昭  様
槇野光昭 様
代表取締役, 有限会社オニカム
所在地:東京都渋谷区
業 種:美容室

今や業界では知らない人がいない程に有名になった美容室ALBUM様のご紹介です。
創業当社からご契約いただいているALBUM様ですが、代表の槇野さんは20代で「価格.com」を立ち上げその後売却。
以降は海外に移住され、長らく自由な時間を過ごされました。
------------------------------------------------------
続きは美容業のページに掲載しております。
笠原勉様
笠原勉様
所在地:埼玉県さいたま市
業 種:コンピュータシステムおよびソフトウェアの企画、設計、製作、開発

創業当初からすでに10年以上もご愛顧頂いております株式会社ビットマイスター様。
国立研究開発法人や大学などを顧客に持ち日々情報通信技術の研究開発支援を行っておられます。
さて、社員にはフレックスタイムを採用し各自に働き方を任せ、年次有給休暇の消化も促進できています。
最大20日付与している社員で15日の程度を消化も実現できていることから働きやすい環境であることがわかります。
一方で今後入社する社員が不安にならないように就業規則などを整備するとともに、社員の中で親の介護が必要になった場合の休暇制度などを構築する予定とのこと。
社長自らが経理や人事労務に関する事務管理を行っていることから、給与計算と社会保険事務のアウトソーシングは必須であり、
内部に総務担当者を置かずしても本業の経営に専念できる合理的なやり方をされているモデル企業だと言えます。
福原浩太郎 様
福原浩太郎 様
代表取締役, 株式会社デルタ総研
所在地:東京都江戸川区
業 種:通信システム開発
移動体通信事業案件からネットワークやサーバーエンジニアが必要となる案件にシフトされ、成長を続けられるデルタ総研様。
ご契約前に労働審判を経験され、正しいことをしていても就業規則をきちんと規定し、そして雇用契約書との連動がいかに大切であるかを経験されました。
現在は弊社から月2回お送りしているお客様用に労務管理に関するレポートを必ず確認しながら、労働環境の整備をお役立ていただいています。
社員数も増加しており、ご契約当初にくらべ3倍近い規模になり、今後は福利厚生の充実を図るなどこれまでの違う視点での整備を進めておられます。
また、「働き方改革関連法」に従い労働時間の上限を意識したり、年次有給休暇の時季指定の徹底など法令順守の意識がとても強い企業でもあります。
この先は時代の流れに後れを取らないように常に労務に関しても積極的に情報を入手し、社員の意見を取り入れながら改善をし続けられるとのことです。
堤内良祐様
堤内良祐様
所在地:東京都千代田区
業 種:ソフトウェア開発

創業時から売上を伸ばし続けて、またこれに伴い社員数を年々増加さている三鋭システム様。社員の人数が増える中で、「採用の難しさや社内の規則が如何に大切であるかを思いしらされた」と堤内社長は仰います。
コンプライアンス意識がとても高く、法令に従い労務管理をしっかり行っているにも関わらず、採用段階で問題となる社員の見極めができず労務管理の難しさを身をもって体験されました。
これらの苦い経験を今後の人事に活かすために「採用と育成」の在り方を見直し、特に育成には費用を惜しまず投入し、世間で評価される人材の育成に注力されています。
今後は、雇用契内容などをより丁寧に説明し、双方が気持ちよく働ける職場作りを目指されています。
小林肇様
小林肇様
所在地:東京都葛飾区
業 種:医療(産婦人科)

院長の小林先生は、医師としては異色の経歴をお持ちです。国内の産婦人科で勤務されていた際に、社会医学にご興味をお持ちになり、この分野を勉強すればするほど「医療の安全」について強い関心を寄せるようになったと言います。

さらに、「医療の安全」を確保するには「マネジメント」が重要であると意識するようになり、医療業界を超えて異業種では、どのような試行錯誤やマネジメントをしているのかを知りたくなった結果、マッキンゼーアンドカンパニーに入社し、コンサルタントして数多くのプロジェクトに従事。その後は社員数300人を超える事業会社の経営企画室長を務めるなどの経験を通じて、様々な現場におけるマネジメントについての経験を積まれました。

さて、弊社とはクリニック開業当初からのお付き合いです。開業時に助産師、看護師、スタッフ部門の職員の採用が急務である中で、どのように労務管理を行えばいいのかを検討、弊社と二人三脚で就業規則の作成に始まり、労働時間管理、給与制度などの整備に着手しました。

今では、「丁寧に対応してくれる担当者がいることで安心できる」との言葉通り、社会保険の手続きや毎月の給与計算を中心に弊社でサポートさせて頂いています。

現在は評判が評判を呼んで、こちらのクリニックで出産される方の数が増えており、さらなる組織の充実を目指して頑張っている最中です。

将来的には、「子育て支援」にも積極的に取り組まれる予定とのこと。
出産は幸せな出来事です。その後の子育てをサポートすることで、より楽しい生活を送ってもらいたいとの思いが「子育て支援」につながっているそうです。

これらを実現するために、今後は新たな課題にチャレンジされるとのことです。
平岡利章様
平岡利章様
代表取締役, 興亜紙業株式会社
所在地:東京都北区
業 種:段ボール製造
過去の労務トラブルが契機でその後長年弊社をご愛顧いただいております興亜紙業様。
現在は当時の教訓を活かし、就業規則をきちんと整備され、また日頃の対応も正確に行っておられます。
さて、近年は人材不足が顕著であり、多くの企業が採用で苦戦を強いられる中で、毎年確実に新卒者を採用されています。今年もすでに2名の採用が決まっており、堅実な採用活動を展開されています。
新卒者の採用にあたり、寮の完備をはじめ、わかりやすい賃金制度を策定するなど社員が働きやすい環境の整備には余念がありません。
現在取り組んでいることは、人事制度の見直し。それというもの、優秀な社員をいちはやくリーダー職に引き上げ、正当な評価を行うというのがその理由の一つです。
また、障害者雇用の実績もあり、雇用を通じての社会貢献を実現している企業でもあります。
製造の現場で働きたい若者が安心できるように、福利厚生はもちろん、キャリアパスの整備して将来が見渡せる人事を展開されています。
内藤邦夫様
内藤邦夫様
代表取締役, 株式会社カルテモ
所在地:東京都江戸川区
業 種:ローカライズ
当社は、新卒採用も積極的に行う、翻訳業メインの企業です。今後の会社の発展を考えた時に労務管理はとても重要だと考えていました。実際に労務顧問契約をして感じたことは、不安”と“面倒”からの解放ですね。そのほかにも、当社は人材派遣事業も行っており、“労務問題”についてはきちんと対応したいと考えていました。社員全員が安心して働ける環境作りには労務の専門家が身近にいるととても安心です。
堀様
所在地:東京都千代田区
業 種:ソフトウェア開発
労働時間の削減などメンタルヘスル対策に積極的に乗り出しています。そう言う点で、気軽に聞ける窓口があるのはほんと重要ですね。基本的には自分で調べる のですが、より専門性が高い事項については、専門家に確認すると安心できますね。その他、秋田さん自身向上心があるので、ほんと勉強されているなと感じま す。
田中歩様
代表取締役, AI-TEC株式会社
医療法人社団小林内科クリニック